matome2

キュレーション記事制作

Naverまとめ
NaverまとめはLINE株式会社が運営している消費者生成のメディアで、メディアの特徴からキュレーションサイトと呼ばれています。

多様な情報をユーザーが自由に収集して組み合わせて、ひとつのページにまとめるメディアです。

2009年に開始後、ユーザーが作成するまとめはあらゆるジャンルに拡散し、さまざまなキーワードでYahoo!やGoogleに上位表示されているまとめも少なくありません。

消費者としての第三者の目線でまとめられているという
メディアの特徴から、訪問者の共感を生みやすく、約4割の訪問者が
まとめ記事内のリンクをクリックしているというデータもあります。

また、Naverまとめは2013年3月にYahoo!と検索分野で業務提携を行い
2013年7月頃からYahoo!の検索結果の1ページ目にキーワードにマッチする
Naverまとめを3記事表示するようになりました。

そして2014年1月には月間23億PVを達成し
月間ユニークユーザー数は6200万人となりました。
日本人の2人に1人は月一回以上目にしている計算です。

このような特徴を生かすため、さまざまなSEO会社や大手企業が
あの手この手で自社を褒めちぎる記事を製作するおかしな現象がおき
あまりに醜いものはNaverまとめ運営側が削除するという騒動となりました。

このように、ともすればステルスマーケティングの温床として悪用できて
しまう影響力のあるキュレーションサイト。

逆にまとめサイトを訪れたユーザーのためになる
有益な情報を本来のキュレーションの意味である

つなぎ合わせて新しい価値を与える

ことで、ユーザーの共感を呼び、共感を行動につなげさせる
目的の記事を制作します。

何でも収集して記事にすれば良いという訳ではありません。

業界自体の問題や、よくあるクレームなどを
取り上げる事でユーザーの注意を喚起します。

その後、具体的な解決法を提示することで
信頼度を高め、送客に貢献します。

特徴1

お問い合わせはこちら